google-site-verification: google8b879e769410d83a.html

BLOG

関西でも難所の『いながわ里山猪道トレイルラン』20キロレース完走レポート

関西でも難所の『いながわ里山猪道トレイルラン』20キロレース完走レポート

兵庫県と大阪府の境にある川西市の北部である猪名川町。
その最高地点
山の駅の車さんが主催でもあります。

猪名川トレイルランのコース

距離は20キロと一般的なトレランレースでは短いものの、テクニカルな下りや、里山ならではの急登が多く、関西でも随一のレベルの高い大会の1つとなっています。
結果は実力出し切れず(言い訳w)、得意な激登り多い、ハードなテクニカルな20キロで、タイムは2時間30分切れた(2時間26分)ものの、
順位は一桁狙ってたのに、200人中、12位。(ヽ´ω`)トホホ・・
キャノンボールより明らかにレベル高い!
田舎の小さな大会やのに、山の駅のマスターさん効果やわ!
1位の中根孝太さん初め、僕より速い人はみんなマラソン、2時間半とかサブスリーしとる(・∀・)
意味わからんし(笑)

大島小学校で大会受け付け

朝、7時半に川西からFKさんの車で送ってもらって1時間ほどで、猪名川町北部の受付の大島小学校へ
いろんな人に会えてテンション上がる!

スタートからの展開はスピードレース

スタートは前列に並ばされて、スタートしたら2番手!
でも、最初のロードの登りで抜かれまくり!
やはり、スピードランナーには敵わない。。
トレイルに入った地点で18位くらいまで落ちて、トレイルでは抜きつ抜かれつ、引き離し、追いつかれを繰り返す。
それぞれに得意なパートとかあってトレランはやっぱり面白い。
僕はある程度の登り下りとか平坦な道やったら、抜かれるし離される。
でも、激登り、激下りはすぐに追いつく!

女性1位の吉住友里(ずーみんさん)に抜かされる

ここで女子1位の吉住友里さんに下りで追いつかれ、道を譲りついていくものの離される。。
何この人、下りめっちゃ軽い!
でも、このレースがほぼ初めてのトレランレースだとか?
このあとの登りで道を一瞬間違えてロスト。
えらいワイルドやな?と思ったら左にコースがあって復帰したものの3人に抜かれた。。
最初の5キロがほんまキツかった!
1時間くらいして、結構行ったかなと思った矢先の5キロ看板( ̄∀ ̄)
そこからの激下りや沢下りはリズムとバランスでそつなくこなし、ロードの下りへ。
エイドで脚を冷やし、またロードの登りで抜きつ抜かれつを繰り返し、大野山の激登りへ!

大野山の登りで勝負をかける

ここで、まるごと集団を5人くらい一気抜き!
ロードを飛ばし、岩めぐりの下りで、あれ?ここコース?と思って2度目のロスト。
あかんてー、完全迷った( ̄∀ ̄)
GPSと大会のコースをにらめっこして、コース復帰を目指すと、谷をまたいだ激登りと言うか滑落しそうな坂の上に青い目印テープが見えた!
よじ登る!獣のように!
登りきるとコースぽい道に復帰。
後から何人か走ってくるの見えた!
ぁ!一気抜きのあと引き離した人らやん!
それでも頑張ってまた引き離して山頂へ!
エイドでも知り合いたくさんいて楽しい♪
途中でも、知り合いのランナーがエイドやコース誘導してて声かけてもらって元気出た!

最後の下りでぶっ飛ばして出し切る

最後は長い長い下り。
ほんま長い。
比叡山の激下りより長いんちゃうかってくらい!
ガレてはないけど激下りで土が柔らかくて、木が多いしクネクネしてる。
まぁ、こんなとこはスノボーのバックカントリーで慣れてるからスイスイ進む。
途中で、12位と聞かされる。
前にも後ろにも誰もいない。
最後は限界振り絞って下り、ロードの1キロちょいはキロ4分で!
ゴール!!!!
20キロのトレランレースで2時間26分なのでまあまあですかね。

ハードな1週間

出せるものは出したけど、万全の調子と状態では無かったので、もう身体ボロボロ。
その後、整体のサービス受けた先生達に、中一日でまたレースがあることを伝えるとそんな人、聞いたことない!と
周りにいるから麻痺してたのか(笑)
それからすぐに車で日生中央に送ってもらって、須磨へ!
キャンドルナイト!のあと打ち上げ!!(笑)